格安SIMでモバイルデータ通信

格安スマホとWiMAXでモバイルデータ通信

格安スマホはWiMAXと相性が抜群

格安スマホって知っていますか?格安SIMカードとSIMフリー端末で、いわゆる大手キャリアよりも通信費をずっとお得に使えるスマートフォンです。しかし、以前はSIMフリー端末を自分で調達する必要があったため参入の障壁は高いものでした。

 

でも、今は違います。大手キャリア(とはいってもdocomoとauのみ。softbankは不可)で購入したスマートフォンをSIMロックを解除せずに利用することが可能なのです。これはdocomoやauといったキャリアがXiやau 4G・LTEといった回線をプロバイダー貸し出すようになったためです。

 

つまり、docomoのXiを借りているプロバイダーの格安SIMカードではdocomoで購入した端末が使えて、auの4G・LTEを借りているプロバイダーではauで購入した端末が使えるのです。

 

これによって、SIMフリーの端末を別途用意せずとも格安スマホとして利用できるようになりました。そうはいっても、SIMフリーの端末もかなり安くなってきたで、機種ごと乗り換えてしまう人も多いです。

 

格安スマホの欠点は、データの通信速度と容量です。データの通信速度や容量はdocomoやauのネットワークを借りているプロバイダーに依存します。もし、プロバイダーの設備が弱かったり借りている帯域が狭ければデータの通信速度は遅くなります。容量はズバリ月額料金に依存するでしょう。

 

そのため、これまで格安SIMにシェアを奪われるか?と言われていたWiMAXやワイモバイルといった、高速データ通信のサービスにも再び目が向けられるようになりました。格安SIMカードでは最低限のプランに押さえ、通信部分はモバイルWi-Fiルーターにまかせてしまおうという動きです。ワイモバイルは安いのですが1GBの制限があること、ネットワークの手動切り替えができないことからWiMAXの方がおすすめです。

 

WiMAXについて何かわかりやすいサイトはないかな?と思って調べていたのですが、次の記事がわかりやすかったです。WiMAXやワイモバイルに関する情報がひとまとまりになっていますし、WiMAXのキャンペーン情報も豊富です。モバイルWi-Fiルーターの基礎知識を最速で押さえよう

格安SIMカードには音声通話対応とデータ通信専用がある

格安SIMカードは音声通話対応とデータ通信専用のカードがあります。スマートフォンから乗り換えるのであれば音声対応のSIMカードです。音声対応のSIMカードの場合、通話料金は30秒あたり20円ほどとなっています。ただし、プロバイダーによってこの金額は変わるので気になったプロバイダーのプランは十分にチェックするようにしてください。

 

データ通信専用のSIMカードであっても、VoIP(ボイス オーバー インターネット プロトコル)というもの、いわゆるIP電話を利用すれば音声通話も可能です。P2P形式の音声通話アプリもありますね。ただし、アプリを常時起動していなければいけなかったりと、使い勝手はあまり良くありません。やはり音声対応のSIMカードを選んだほうが良いでしょう。

ネットワークについて

格安SIMカードのネットワークはdocomoとauのLTE回線を利用します。docomoのLTE回線はXi、auのLTE回線はau 4G・LTEです。docomoもauも共に下り最大150Mbpsです。ただし、下り最大150Mbpsというのはベストエフォートですので実際はそんなにスピードがでません。まして、格安SIMカードとなると間にプロバイダーの通信設備が入りますので速度はさらに落ちるものだと考えてください。

 

実際に、so-netの格安SIMを試してみましたが、室内で下り4Mbps~5Mbpsほどでした。ただこれは使い場所や時間にも左右されますので必ずしも同じ値になるとは限りらないのはご了承ください。

エリアについて

データ通信速度と違って大手のキャリアと格安SIMカードのプロバイダーで変わらないものもあります。あなたはそれが何かわかりますか?

 

答えはデータ通信のエリアです。docomoもauも800MHz帯から~2.5GHz帯まで幅広い周波数の帯域を保持しています。一般に800MHz帯域のように周波数が低い電波は障害物があっても回りこみしやすく、室内に強いと言われています。逆に、2GHz帯域はの電波は高速データ通信に向いています。

 

大手のキャリアはこれらの電波を使ってエリアを展開しているのですが、そのネットワークを借り受けているMVNOも同じ通信エリアを使うことがでいます。これは非常に大きいメリットだと言えるでしょう。

 

ただ、mineoなどauのネットワークを利用するMVNOは3G回線でデータ通信を行うことはできません。docomoのネットワークを利用するMVNOはできます。3GのネットワークとLTEではエリアが若干異なりますのでご注意ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ